理事長あいさつ(2015-08)

FOIFA 理事長 穂積 恒

いつもFOIFAの活動にご理解ご協力をいただき心より感謝申し上げます。

最近のFOIFAの活動実績と、今後の活動予定について簡単にご説明させていただきます。

はじめに、7月21日〜24日、ハワイ・ホノルル市で開催されたGU(Generation United)主催の「世代間連合国際会議(International Action on a Global Scale)」において、私が「Age Friendly Cities:Stories from Honolulu, Akita, and Portland」のセッションで秋田市のエイジフレンドリーシテイ構想の取り組みについて発表してきました。また、アユックと渡邉が「Building Inclusive Environments Using the ‘Barrier Free’ and Universal Design Approach」という演題でワークショップを行いました。両発表とも活発な意見交換があり、有意義なものでした。

また、9月2日・3日にIFAの理事会がカナダのトロントで開催されます。この会議に、私とアユックが出席する予定です。会議の内容につきましては、帰国後ご報告させていただきます。

次に、10月4日開催予定の「コスモス祭り」において、FOIFAは昨年同様カメルーン料理を提供し、その売上金を「緊急事態に遭遇した高齢者救済基金」に寄付させていただくつもりです。

最後に、FOIFAは「日本高齢者NGO連携協議会(高連協)」の会員になっておりますが、高連協は今年11月13日、東京の一ツ橋ホールにて「シニアの健康寿命の伸長(仮題)」という市民公開講座を開催する予定です。その企画運営委員会の代表を私が務めることになりました。この会の成功のために、最大限尽力いたす所存でございますので、皆様のより一層のご助力を賜りますようお願い申し上げます。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

ホームへ戻る